あなぐら【穴蔵】ことば 江戸覗き

【RIZAP COOK】

江戸で穴蔵といえば、りっぱな地下室をさしました。ここでは、土蔵とはまた別の穴蔵と呼ばれた地下の貴重品置き場について記します。

穴蔵伝説の誕生  【RIZAP COOK】

明暦の大火(明暦3年=1657)で、穴蔵に入れておいた財産が無事だったという噂が広まって、その後、これが大流行したといいます。店賃18匁の裏長屋の住人でさえ穴蔵を用意したという話は、アート・ブレイキー来日の昭和35年(1960)の頃に、そばの出前も「モーニン」を口ずさんでいたと話に似ています。ま、それはどうでもいいことですが。

穴蔵といっても、ただ土を掘ってそこに物を入れるのではありません。ヒバ、スギなどの防水性の高い木材を使って、板と板の隙間にはチャンといわれる防水接着剤や槙肌(樹木の繊維)などが詰められていました。

チャンは、松ヤニ、地の粉(粘土の粉末)、荏油(エゴマの種子から抽出)でつくる木工用接着剤のことです。

ともかく、さまざまな工夫をして水漏れを防いだわけです。こんなことを商売にしていたのが穴蔵大工です。資材の調達、大工の手配、穴蔵設計のすべてを一貫して請け負っていました。こういう業者を穴蔵屋と呼びました。

穴蔵屋は、穴蔵以外にも雪隠(トイレ)、湯殿(バスルーム)、流し(キッチン)などの設置、さらには上水工事にもかかわっていました。水回りを得意としていたのですね。船大工や橋大工の系統だといわれています。

穴蔵の目的は防火  【RIZAP COOK】

穴蔵を作る理由は防火用の倉庫を設けるためです。江戸の人々は、以下のようなぐあいに穴蔵を活用していました。

「火事だぁ」の声が上がると、作り置きしてあった穴蔵に貴重品を運び込みます。入り口に蓋をして油紙を敷きます。砂を広げてよく踏みつけて、その上に水でたっぷり湿らせた畳を一枚覆って、その上に水を満杯にした桶を置くのです。

ここまでやっておくと、仮に家が焼けてしまっても、其の衝撃で水桶が壊れて水があたりにあふれ出し、畳をさらに湿らせて類焼しづらい状態となります。

穴蔵は入り口である天井をきちんと防ぎさえすれば、火が中に入りにくい構造です。土蔵よりも確実に残せます。しかも小規模でも作れるところが、さまざまな階層にわたって流行した理由です。

穴蔵に貴重品を入れている(マル囲いの部分) 目黒行人坂火事絵巻より(国立国会図書館所蔵)

参考文献:小沢詠美子『災害都市江戸と地下室』(吉川弘文館、1998年)、波多野純『復原・江戸の町』(筑摩書房、1998年)、小澤弘、丸山伸彦編『江戸図屏風をよむ』(河出書房新社、1993年)、加藤貴編『江戸を知る事典(東京堂出版、2004年)、大濱徹也、吉原健一郎編『江戸東京年表』(小学館、1993年)、『新装普及版 江戸文学地名辞典』(東京堂出版、1997年)

どぞう【土蔵】ことば 江戸覗き

【RIZAP COOK】

江戸には店蔵と呼ばれる、耐火を目的とした店舗がありました。店蔵には二つの系統がありました。土蔵と城郭建築です。ここでは土蔵について記します。

江戸の不燃都市化  【RIZAP COOK】

土蔵とは、周囲を土壁で塗り込めた倉庫をいいます。中世の金融業者を土倉と呼びますが、同類です。大切な品物を火災から守るのが目的です。江戸では、道に囲まれた区画の裏に土蔵がありました。当時を描いた絵図にも出てきます。

享保年間(1716-37)には、幕府は江戸の不燃都市化に邁進します。土蔵造り、塗屋造り、瓦葺きを奨励するのです。場所によっては奨励金まで出して強制的に推進していきました。

17世紀後半には、河岸地に土蔵が建ち並びました。河岸地は幕府の土地、公儀地です。土蔵を建てることは許されないはずなのですが、現実には建っていました。これも不燃都市化の一環でした。川岸に土蔵を建ち並ばせると、地域の類焼を防げるという意図からです。

この発想は現代でも生きていて、墨田区白鬚地区の都営住宅はまるで要塞のような頑丈なマンション建築です。これこそ、震災や戦災で類焼のはなはだしかったこの地区から外に火を出すまいという東京都の切なる願いのあらわれです。ここの住民がどうなっちゃうのか、よくわかりませんが。

江戸の職人、いびつな発露  【RIZAP COOK】

土蔵の壁は漆喰塗りですから、白く見えるものです。江戸を描いた絵図では、文化年間(1804-18)あたりまではたしかに白く見えています。ところが、天保年間(1830-44)以降の絵図には黒い土蔵が目立ちます。黒い土蔵は明治期に入っても変わりません。町全体の視覚が重厚な印象を受けるようになりました。

つまり、黒い壁の土蔵ということですが、手が込んで豪華になっていきます。この世界にも徐々に洋風の知識や技術が浸透していき、意匠や建築法も進化していったようです。寺社建築の彫刻が細密化したり、変化朝顔(変種の朝顔)が流行するのもこの頃で、外国とのかかわりを持てない制度化で江戸の職人がため込んだ知識や技術の出どころがいびつな形であらわれるのです。黒の土蔵もそのひとつといえるでしょう。おそらく、ほかにもそのような変化は見つけ出せるはずです。

参考文献:波多野純『復原・江戸の町』(筑摩書房、1998年)、小澤弘、丸山伸彦編『江戸図屏風をよむ』(河出書房新社、1993年)、加藤貴編『江戸を知る事典(東京堂出版、2004年)、大濱徹也、吉原健一郎編『江戸東京年表』(小学館、1993年)、『新装普及版 江戸文学地名辞典』(東京堂出版、1997年)

立花隆が思い寄せた「カク」二つ

【RIZAP COOK】

立花隆の本名は橘隆志です。レスラーではありません。嵐の党とも関係なし。20歳のとき、初めて渡欧しました。昭和35年(1960)4月6日から10月12日まで。約半年。長旅でした。

長崎医科大病院で生まれたからか、その頃の彼は「核」に強い関心がありました。広島で開かれた原水爆禁止大会では外国人に片っ端から名刺を配ってまわりました。

ある日、ロンドンで開かれる「第1回学生青年核軍縮国際会議」の招待状が彼の元に。東大2年の彼には渡航費がありません。その頃の東大生はビンボーでした。

同窓の駒井洋(後に筑波大教授、社会学)と茅誠司総長に掛け合いました。この方は核の平和利用指導者です。察した茅総長はその場で読売新聞の正力松太郎社長に電話。こちらは原発の推進者ですが、渡航費は全額、読売が。太っ腹です。

推進者が反対者を援助する。うるわしくもおおらかな時代でした。現地のルポを逐一送ること。それが条件でした。こうして両君はまだ見ぬ欧州の地に飛び立っていったのです。

ところが、結果はさんざん。西欧各国では、被爆の悲劇など誰も理解してくれませんでした。「原爆を落とされたから日本は降伏したんだろう。大戦終結に原爆は役立ったじゃないか」。西洋人のおおかたの認識はそんなものでした。一瞬に20万人が逝ってしまったことなど、彼らにはどうでもよいのです。

2人は、持参した4本の映画を51回にわたって各地で上映し、原水爆の恐ろしさとその禁止を訴えたのですが、芳しい結果は得られませんでした。消化不良のまま、オランダ貨物船ジッセンカーク号で名古屋港に帰ってきたのです。秋でした。

そんな顛末が、1960年10月12日付読売新聞夕刊のコラム「話の港」に載っています。

ということは、この2人、東大生ながらも、6月15日に起こった安保の悲劇には遭遇しなかったことになります。よかったのか悪かったのか。田中角栄、テルアビブ、宇宙体験、脳死、臨死、サル学、東大、香月泰男、武満徹……。彼の登場で日本のジャーナリズムの可能性が変わりました。ダイナミックなスケールで緻密かつ周到な仕上げわざ。そんな仕事ができたのは、ひょっとしてあの事件に寸毫かかわらなかったことが幸いしたのかもしれません。

それと、晩年。フクイチの事故が起こっても核について言及することはありませんでした。勉強不足を理由にしていましたが、彼が書かないのはたんに関心がそれていたからなのでしょう。も、彼にはもう、どうでもよかったのかもしれません。宿題だった「武満徹」の本を出せたことで、もう安堵してあっちへ行けると踏んだのでしょうし。

今では、立花隆といえば「知の巨人」。こんなこっぱずかしいかんむりを、誰が言い出したのでしょう。平成8年(1996)の頃には、彼自身、自分の職業は「勉強屋だ」と言っていました。そんなところじゃないでしょうか。知りたいことをとことん知りたい。勉強屋のいわれはそんなところです。「知の巨人」とはおよそベクトルが違います。

私が彼を評価するとしたら、立花隆は最高のメディア(媒介)だった、ということです。専門家の功績を、とりわけ理系の話題を普通の言葉に言い換えてわかりやすく説明してくれる人、それが立花隆だったのです。まさに勉強屋の所業、ジャーナリストの本分です。彼を超える媒介者(メディア)は日本中どこにも見当たらなかったでしょうし、今も見つからないように見えます。すべてのジャーナリスト垂涎の的です。

さて。その後の立花隆と読売新聞のかかわりは、といえば、恥ずかしいくらいさんざんでした。彼は読売に一度も寄稿していません。異常です。ならば、落語とのかかわりはどうか。うーん、こっちもさんざんでした。上野高校に通ってたっていうのに、鈴本演芸場や本牧亭に一度も足を運ばなかったのでしょうか。ちょっとした異常です。

2021年7月8日 古木優

【RIZAP COOK】