水道のゴム屋 すいどうのごむや 演目

 落語演目の索引 落語あらすじ事典 web千字寄席

昭和6年(1931)ごろの東京の下町風俗がうまく出ていますね。新作落語です。

【あらすじ】

水道やガスのゴム管を、戸別訪問で売り歩いている、十二、三歳の小僧。

「こんちは、水道のゴムはいりませんか」
と黄色い声で売り回っても、からかわれるばかりで、なかなか商売にならない。

今日も、まずいきなり、
「てめえはなんだな、オレに恥をかかせるつもりだなッ。家には水道がねえんだ」
と、すごまれた。

二軒目では、ばあさんが耳が遠く、聞き間違われてラチがあかない。

三軒目では
「近頃感心な小僧だ。年はいくつだ」
「十三でございます」
「柄が大きいから十五、六に見えるな。学校へ行ったか」
「五年まで行きましたが、おとっつぁんが大病をしたので奉公しました」
「そいつは惜しいことをした。親を大切にしてやれ。どこだ、故郷は」
「東京で」
「なんだ、江戸っ子じゃねえか。その心持ちを忘れるなよ。今におまえが大きくなったら、水道のゴム会社かなにかの社長にならなくちゃならねぇ。あっははは、年はいくつだ」

これを三回繰り返し、しまいには「近ごろ感心な小僧だ」からセリフを全部覚えてしまった。

「物覚えのいい小僧だ。オレんとこはいらねえ」

次の奥方は、だんなの浮気で修羅場の真っ最中。

「復讐してやるわ。あなた、ガスのゴムも持ってるでしょう。そこのメーターのところから計ってちょうだい」
「さいならッ」

ガス自殺の手伝いをさせられそうになり、あわてて逃げ出す。

お次は、浪曲をうなっている男。

「水道屋にゃあ、縄張りってものがあるだろう」
と、妙なことを言い出す。

「しっかりしろい。おまえが親からもらった荒神山を、安濃徳が自分のものにしようてんだ。『人の落ち目につけこんでェ、覚えていろよ安濃徳ゥ』」
と、虎造十八番の「荒神山」をうなり出す。

「だんな、浪花節がお上手で」
「よし、その一言が気に入った」
「買ってくれますか」
「オレんとこじゃあァ、買わねえんだァ」
と浪曲で断られた。

最後は、インテリ風の男。

「一尺いくらだ」
と聞くので、
「十九銭」
と答えると、二尺はいくら、三尺、四尺、五尺……と暗算をさせられ、果てに、
「しからば、百七十三尺六寸では?」
と、妙に細かく刻む。

小僧が四苦八苦して計算していると
「そういう時にはこういう調法なものがある。これは最近、九九野八十一先生が考案した完全無欠の計算器」
と、妙なものを取り出して、ベラベラ効能書きを並べた挙げ句、とうとう小僧に無理に売りつけて、さようなら。

小僧、さっそくいじり始めたが、
「売らずにこっちが五十銭で買って帰ったんだから、零を五十で割ると、おやおや、答えが零だ。なら、べつに損はないや」

【うんちく】

作者は水道局出身

六代目三升家小勝の新作です。「のっぺらぼう」の作者でもある人です。小勝は、八代目桂文楽門下の俊秀で創作の才に富み、この噺は入門間もない前座(桂文中)時代の昭和6年(1931)ごろの作です。

小勝は、文七を経て昭和12年(1937)5月、真打昇進で二代目桂右女助を襲名。右女助時分は新作で売れに売れましたが、二つ目のころから人気者でした。

「水道のゴム屋」は、創作から5年温めて、まだ二つ目の昭和11年(1936)、キングレコードから「水道のホース屋」としてSP発売。大当たりとなり、客席から「ゴム屋!」と声がかかるほどの大ヒット。これが出世の糸口でした。この題材は、小勝が入門前に東京市水道局の工務課に勤務する技師だったことから、知識を生かしてものしたものです。

なかなか売れず、浪曲で「オレんとこじゃ買わねえんだ」と断られるくだりは、明らかに古典落語の「豆屋」を下敷きにしていて、マヌケオチのオチの部分は「壷算」「花見酒」などの踏襲でしょう。

特に山の手の「モダンガール」風の奥さんが「ウチのひとったらうそつきよ、色魔よ、復讐してやるわ。精神的な復讐してやるわ」と、ヒステリックに小僧にわめき散らすところが当時のメロドラマ映画と重なり、大受けだったようです。

当時、まだまだ十分普及していない家庭用上水道事情を知る上で貴重な資料ですが、未成年労働者といい、あまりに隔世の感がありすぎ、現在では口演する余地のない噺です。

小勝の晩年

右女助(当時)は、「ゴム屋」に続き、「妻の釣り」「操縦日記」、酔っ払いをカリカチュアした「トラ」シリーズなどの新作を数多く自作自演。

古典でも「初天神」など、子供の登場する噺や「穴泥」「天災」ほか、軽いこっけい噺など、明るく軽快なテンポで、太平洋戦争をはさんで昭和20年代のラジオ時代まで人気を博しました。

昭和31年(1956)3月、六代目小勝を襲名しますが、そのころから時代の波に乗れず、下り坂に。58歳の脂ののった年齢で脳出血に倒れ、以後高座に復帰できないまま、昭和46年(1971)12月29日、師匠の八代目文楽の死からわずか17日後、後を追うように亡くなりました。享年63。