ちょこざい 猪口才 ことば

★auひかり★

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

漢字の「猪口」は当て字で、元々は小型の酒器の「ちょく」「ちょこ」から転じて「小さい子供」または小柄な者をそう呼んだ俗語。

したがって、「ちょこっと(わずかな)」才があるだけで、それを鼻にかけて生意気な奴、というふうに使われるようになった、いわばダジャレです。

いかにも、怜悧な才気煥発な人間を、理詰めで言い負かされる腹いせに「生意気だ」の一言で排除することが多かった、江戸期以来の日本社会の通弊が伺えます。

主に武士階級に使われたとされますが、十返舎一九の『東海道中膝栗毛』にも「ちょこざいぬかさずと、はよう銭おこせやい」などとある通り、芝居や浄瑠璃、戯作などを通じて町人の間にも広く普及していました。

上方では「ちょこい」とも。次第に形容動詞「ちょこざいな」に特化して、明治大正はもちろん、戦後まで主に老人語として残っていましたが、今は死語となっています。

名優、初代中村吉右衛門(1886-1954)のふだんの口癖でもありましたが、昭和20年代から30年代にかけ、ラジオドラマやテレビ漫画で人気を博した『赤胴鈴之助』の主題歌の冒頭、「ちょこざいな小僧め、名を、名を名乗れ」というセリフを思い出される向きも多いかもしれません。

★auひかり★

牛の丸薬 うしのがんやく 演目

スヴェンソンの増毛ネット

 落語ことば 落語演目 落語あらすじ事典 web千字寄席

短い噺です。でも、けっこう複雑。

別題:牛の丸子(上方)

【あらすじ】

大和炬燵の古くなったのをいじっているうちに、これで丸薬を作ってひともうけしてやろうと思いついた甚兵衛。

炬燵に水を加えて土団子をこしらえ、仲間の喜六と二人で田舎に売りに行く。

牛の流行病の特効薬だと、甚兵衛が農民を言いくるめていくうちに、喜六が煙管で胡椒の粉を牛にかがせ、くしゃみを連発するとすかさず「丸薬」を飲ませた上、水を浴びせて胡椒を洗い流し、治してみせる。

トリックにひっかかった百姓、まんまとだまされてあたりに触れ回ったため、我も我もと殺到して、みごとに売り切れる。

思惑が当たった甚兵衛と喜六、笑が止まらない。

「全部売れた。ハハハハハ」
「あんまり笑うな。バレる」
「ハハハハ」
「笑うなってのに」
「しかし甚兵衛さん、懐が暖まったもんだね」
「当たり前だ。もとはコタツなんだから」

スヴェンソンの増毛ネット

【しりたい】

上方落語を東京に移植

上方落語「牛の丸子」を、八代目桂文治が東京に移したものです。おそらく、昭和に入ってからでしょう。

戦後、大阪から東京に出て活躍した二代目桂小文治がオリジナル版を初めて紹介。その後、九代目文治が、ここに示したような純粋な「べらんめえ版」で演じましたが、現在、東京ではやり手がありません。

「がんじ」は今でいう錠剤のことですが、わかりにくいので、現在はこの題名は使われていません。

米朝説、民話のにおい

「壷算」などと同様、一種の詐欺噺で、民話がルーツと思われますが、原話は不明です。

ちくま文庫版『桂米朝コレクション4』に、現在唯一、この噺の古格を伝えている桂米朝の速記及び解説があります。その中で同師は、「私はなんとなく民話とのつながりを感じます。(中略)大昔は、悪賢い狡い人間は、ある意味で尊敬されていたのではないか。時代とともに、古い昔がたりに教訓的なものが付加されてゆき、すべて勧善懲悪的なはなしになっていったのかと思われるのです」と、述べています。

上方版二つの流れ

米朝は五代目笑福亭松鶴(1950年没)と四代目桂文団治(1962年没)両巨匠のものを聞き覚えしたとのことですが、この噺は実際、大阪では笑福亭系統と桂派、二通りのやり方の流れがあったようです。

再び米朝師の前掲書を引用すると、「五世松鶴型の演出が文団治型と大きく違うところは、キセルにこしょうを詰めて牛の鼻に吹き込むことを、その村にかかるまで一切言わずに、土の丸薬をいったいどうするのか、聴客にもその時まで知らさないやり方」ということで、ご自身はこちらで演じているとのことです。

この噺の後継者は、米朝門下の桂枝雀と、五代目松鶴の孫弟子にあたる仁鶴。

大和炬燵

黒土の素焼で、小型のアンカです。上部が丸く、布が張ってあり、中は火鉢になっていて、たどんを入れて暖めたもの。昭和初期まで、関西では使われていました。

【語の読みと注】
大和炬燵 やまとごたつ:土製の小型の四角いあんか
煙管 きせる
胡椒 こしょう
丸子 がんじ:丸薬、錠剤

スヴェンソンの増毛ネット