円朝の迷宮

えんちょうのめいきゅう 落語あらすじ事典 千字寄席

三遊亭円朝

三遊亭円朝(1839-1900)は一見、巨大で複雑です。かの名人をめぐる、さまざまなものを見つけては備忘録として記録していきます。と同時に、全集で知り得る全作品を記していきます。

トップページ

コメントを残す